2015年より始動したクラブチッタの新シリーズ、その名も<ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック>。


これまでクラブチッタは数多くの海外アーティストの招聘を実現させて来たが、イタリアン・ロックに関しては、2002年のPFM(27年ぶりの来日公演!)を皮切りに、2005年のアルティ・エ・メスティエリ、2006年のニュー・トロルス、2007年のバンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ、2008年のオパス・アヴァントラ、2010年のオザンナ、2011年からは3度のイタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル、そして2013年にはイタリアン・ロック・ヒストリーを開催するなど、総勢19組に及ぶアーティストたちが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。また、日本では実現不可能と言われたイタリアン・ロック・フェスの開催は各方面に衝撃を与え、さらにその興奮はイタリア本国へも飛び火し、遂にはイタリアのバンド自らが名乗りを上げるまでとなり、現在に至るイタリアン・ロックの来日公演ブームの仕掛け人としての役割を十二分に果たして来た。



未知のアーティストにとっては、ロック・フェスの有効性は限りなく高い。ショウケースという、いわゆる“顔見せ公演”としての可能性を広げてくれるからだ。


一方、フェスティヴァルではそのアーティストの表面のみを知ることしか出来ないため、必然的にもっと聴きたい、もっと知りたいという欲望が湧いて来る。


今度はお気に入りのひとつのバンドを徹底的に食いつぶしてみたくなる、というのが人情だろう。


そこでクラブチッタが新たな挑戦として打ち出したのが、この“ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック”シリーズとなるのだ。


クラブチッタはこれまでの経験を活かし、過去に招聘したアーティスト、あるいは未だ見ぬ重要アーティストの中から厳選に厳選を重ねてチョイスし、日本のファンのためだけに編成された特別なメンバー構成、そして特別なセット・リストによる一夜限りのプレミアム・コンサート・シリーズを立ち上げた。


通常の単独でのコンサートと、このシリーズの決定的な違いは、ずばり“一発勝負”であること。

つまりフェスティヴァル形式と同じように、1回限りの公演にすべてを賭けなければならない緊張感あふれるコンサートになるのだ。

このシリーズに選ばれるということは、すなわちイタリアン・ロックの殿堂であるクラブチッタがそのアーティストに対して<ベスト・オブ>の称号を授与することに値する。

これは10年以上にわたってイタリアン・ロック公演を実現させ続けて来たクラブチッタにしか出来ないことなのだ。


クラブチッタ創立30周年記念という特別な年に、クラウディオ・シモネッティズ・ゴブリンが3年連続5度目の来日を果たす。2016年にはじまったライヴ&シネマ・スペクタクル/シンクロ・ライヴは、映画上映&オリジナル・アーティストによるサウンドトラックの生演奏という、これまでになかった手法で多くの映画ファン、イタリアン・ロック・ファンを驚かせた。クラブチッタのステージ上に掲げられた巨大スクリーンに映し出されるホラー映画の醍醐味と、完璧なシンクロ演奏による迫力のサウンドが相まって、クラブチッタは想像を絶する恐怖の館へと変貌したのであった。

今年はゴブリンに女性ベーシストであるチェチリア・ナッポが正式に加わり、これまで同期演奏でしか再現できなかったゴブリン・クラシックスが、生演奏ならではのグルーヴィでパッショナブルなパフォーマンスへと変わる模様だ。ホラー映画の傑作『ゾンビ』と、イタリアン・プログレッシヴ・ロックの名盤『ローラー』の完全再現+ベスト・ヒッツ・ショー+新曲披露のすべてが一度に体験できるこのプレミアム・コンサートは、二度と味わうことのできない特別なハロウィーン・ナイトとなるに違いない。


世界でもっとも成功したイタリアン・ロックの第一人者であり、ホラー映画ご用達バンドの異名をとるゴブリン初の大阪公演が遂に実現!世界中の人々を震撼させたイタリアン・ホラー映画の名作の数々を手掛けたゴブリンと、その創始者であるクラウディオ・シモネッティ(kbd)によるサウンドトラックの名曲、そしてプログレッシヴ・ロックの金字塔と言えるオリジナル・アルバム『ローラー』と『マークの幻想の旅』、シングル曲などから、大阪公演だけのために特別にセレクトしたベスト・ヒッツ・ショーを開催する。

過去5回に及ぶ来日公演では演奏されていなかった秘蔵曲を披露するなど、文字どおり“ベスト・オブ・ゴブリン”と呼ぶに相応しい特別拡大版での内容となる。さらにバンド側の希望により“手が届く距離”でのオールスタンディング形式での会場が選ばれた。もうかぶりつきで観るしかない、映画ファン、ロック・ファン必聴&必見の熱狂パフォーマンスを全身で浴びよ!


片山伸 http://www.italianmusic.jp/