2015年より始動したクラブチッタの新シリーズ、その名も<ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック>。


これまでクラブチッタは数多くの海外アーティストの招聘を実現させて来たが、イタリアン・ロックに関しては、2002年のPFM(27年ぶりの来日公演!)を皮切りに、2005年のアルティ・エ・メスティエリ、2006年のニュー・トロルス、2007年のバンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ、2008年のオパス・アヴァントラ、2010年のオザンナ、2011年からは3度のイタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル、そして2013年にはイタリアン・ロック・ヒストリーを開催するなど、総勢19組に及ぶアーティストたちが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。また、日本では実現不可能と言われたイタリアン・ロック・フェスの開催は各方面に衝撃を与え、さらにその興奮はイタリア本国へも飛び火し、遂にはイタリアのバンド自らが名乗りを上げるまでとなり、現在に至るイタリアン・ロックの来日公演ブームの仕掛け人としての役割を十二分に果たして来た。


未知のアーティストにとっては、ロック・フェスの有効性は限りなく高い。ショウケースという、いわゆる“顔見せ公演”としての可能性を広げてくれるからだ。


一方、フェスティヴァルではそのアーティストの表面のみを知ることしか出来ないため、必然的にもっと聴きたい、もっと知りたいという欲望が湧いて来る。


今度はお気に入りのひとつのバンドを徹底的に食いつぶしてみたくなる、というのが人情だろう。


そこでクラブチッタが新たな挑戦として打ち出したのが、この“ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック”シリーズとなるのだ。


クラブチッタはこれまでの経験を活かし、過去に招聘したアーティスト、あるいは未だ見ぬ重要アーティストの中から厳選に厳選を重ねてチョイスし、日本のファンのためだけに編成された特別なメンバー構成、そして特別なセット・リストによる一夜限りのプレミアム・コンサート・シリーズを立ち上げた。


通常の単独でのコンサートと、このシリーズの決定的な違いは、ずばり“一発勝負”であること。

つまりフェスティヴァル形式と同じように、1回限りの公演にすべてを賭けなければならない緊張感あふれるコンサートになるのだ。

このシリーズに選ばれるということは、すなわちイタリアン・ロックの殿堂であるクラブチッタがそのアーティストに対して<ベスト・オブ>の称号を授与することに値する。

これは10年以上にわたってイタリアン・ロック公演を実現させ続けて来たクラブチッタにしか出来ないことなのだ。


クラブチッタ創立30周年記念イヤーの最後に登場するのは、クラウディオ・シモネッティズ・ゴブリンの4年連続公演となった。同じアーティストによる4年連続公演が実現するのは、クラブチッタが1988年に創立して以来初めてのこと。そして2015年に始まったザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック・シリーズは早くもVol.9を数えるに至った。さらに今年は初の2デイズ公演の開催となり、10月25日の『サスペリア』アンコール公演と26日の『シャドー』初演という豪華2本立てで、いつにも増してハロウィン・ウィークを盛り上げてくれそうだ。今回も例年どおり、第1部では巨大スクリーンを使用した映画上映とゴブリンの生演奏によるシネマ・スペクタクルが展開され、第2部ではゴブリンによるベスト・ヒッツ・ショーが行われるが、第2部のセット・リストは2日間とも異なるテーマによる選曲が施されている。

今年になってからシモネッティズ・ゴブリンをデモニア時代から支えてきたドラマーのティッタ・ターニが自身のプロジェクトを推し進めるために惜しまれつつも脱退し、新たにブラック・マンバやアディミロンなどでチェチリア・ナッポと活動を共にしてきたフェデリコ・マラゴーニが加入したので、さらに若返ったシモネッティズ・ゴブリンのパワーみなぎる大迫力のパフォーマンスが堪能できそうだ。まさにクラブチッタ創立30周年記念イヤーの締めくくりに相応しい大イベントになることだろう。


片山伸 http://www.italianmusic.jp/