【来日メンバー】

クラウディオ・シモネッティ : keyboards, acoustic guitar, programming

ブルーノ・プレヴィターリ : guitar, greek bouzouki

ティッタ・タニ : drums, percussions

チェチリア・ナッポ : bass



【Biography】

<CLAUDIO SIMONETTI'S GOBLIN>

クラウディオ・シモネッティズ・ゴブリン

ゴブリンはクラウディオ・シモネッティ(kbd)を中心に1975年に結成されたイタリアン・ロック・バンド。デビュー作『Profondo Rosso』(映画『サスペリア2』のテーマ曲)でシングル、アルバムともにイタリアでNo.1を獲得し、一躍イタリアのトップ・バンドに躍り出た。また映画監督ダリオ・アルジェントによるホラー映画の名作の数々(『サスペリア』『サスペリア2』『ゾンビ』など)に起用されたことでその名を世界中に轟かせている。PFMと並びもっとも日本でその名を知られるイタリアン・ロック・バンドのひとつ。現在はバンド創始者のクラウディオ・シモネッティ(kbd)を中心に、ブルーノ・プレヴィターリ(g)、ティッタ・タニ(ds)、チェチリア・ナッポ(b)の4人編成。


【OFFICIAL Facebook】

https://www.facebook.com/Goblin-Claudio-Simonettis-608532229212354/

第2部は恒例となったゴブリンのベスト・ヒッツ・ショー形式で、ゴブリンとクラウディオ・シモネッティのレパートリーから日本向けに特別に構成されたセット・リストで演奏される。まずは今回の目玉として、クラウディオ・シモネッティの音楽人生で初となるオリジナル・アルバム『ローラー』の完全再現に挑戦することになった。ゴブリンには純粋なオリジナル・アルバムと呼べるものはたった2作品しかないが、1976年にリリースされた『ローラー』は、元々ゴブリンが目指していたというプログレッシヴなロック・バンドとしての魅力が詰まった渾身のインストゥルメンタル・アルバムとなっている。そして“ベスト・ヒッツ”パートでは、過去4回(デモニア公演を入れると5回)の来日公演で披露されなかった楽曲も組み込まれる予定となっており、また新たな感動を届けてくれるようだ。ゴブリンの星の数ほどもあるレパートリーから、どんな楽曲をセレクトしてくれるのか楽しみである。
さらに今年のゴブリンの魅力はこれだけではない。今年新加入したばかりの実力派女性ベーシスト、チェチリア・ナッポの存在にも注目が集まる。メタル系オリジナル・バンドのアディミロンや、ブラック・マンバというカヴァー・バンドに在籍していた彼女は、実はクラシック上がりという才女であり、そのワイルドな容姿とともに演奏面でもクラウディオ・シモネッティを唸らせたという。昨年までのトリオ編成ではどうしても同期演奏が基本となり演奏の自由度は低かったが、彼女が加わったことでこれまでとは異なるライヴ・バンドとしての真価を発揮してくれそうだ。さらに現メンバーで制作中のニュー・アルバムから、一足先に新曲の初披露も予定されており、世界中で最初に日本のファンがその楽曲に触れることができるという。今回もゴブリンならではのマジカルでプレミアムなショーになること必至である。プログレッシヴ・ロックの粋を聴かせるゴブリンの渾身の最新パフォーマンスを見逃すことなかれ!



【Discography】
  • 1.Roller

    2.Aquaman

    3.Snip Snap

    4.Il Risveglio Del Serpente

    5.Goblin

    6.Dr. Frankenstein