【来日メンバー】

クラウディオ・シモネッティ : keyboards, acoustic guitar, programming

ブルーノ・プレヴィターリ : guitar, greek bouzouki

チェチリア・ナッポ : bass

フェデリコ・マラゴーニ : drums 



第2部は恒例のシモネッティズ・ゴブリンによるベスト・ヒッツ・ショーとなり、ゴブリンとクラウディオ・シモネッティのレパートリーから日本向けに特別に選曲されたセット・リストで演奏される。
今回は「ベスト・オブ・ホラー・ヒッツ(10/22(金))」と、「ベスト・オブ・ダリオ・アルジェント(10/23(土))」と題した異なるテーマを設定し、2日間かけてホラー・サウンドトラックを存分に堪能するプログラムとなった。

23日の「ベスト・オブ・ダリオ・アルジェント」は、文字どおりダリオ・アルジェント三昧の選曲となっており、さらにアルジェントの出世作『サスペリアPART2/紅い深淵』のサウンドトラックを“音で観るサウンドトラック”としてセミ・コンプリート演奏する。

2日間のセットで共通しているのは、2019年秋にリリースされた最新作『The Devil Is Back』から日本初演奏となる楽曲を含め2日間でアルバムのほとんどの曲を披露するということと、「Suspiria」や「Profondo Rosso」「Zombi」「Demoni」「Tenebre」「Phenomena」「Non Ho Sonno」といった定番曲も漏らさず演奏するということで、例年以上に充実した内容で満足度120%間違いなしだ。


【Biography】

<CLAUDIO SIMONETTI'S GOBLIN>

クラウディオ・シモネッティズ・ゴブリン

ゴブリンはクラウディオ・シモネッティ(kbd)を中心に1975年に結成されたイタリアン・ロック・バンド。デビュー作『Profondo Rosso』(映画『サスペリア2』のテーマ曲)でシングル、アルバムともにイタリアでNo.1を獲得し、一躍イタリアのトップ・バンドに躍り出た。また映画監督ダリオ・アルジェントによるホラー映画の名作の数々(『サスペリア』『サスペリア2』『ゾンビ』など)に起用されたことでその名を世界中に轟かせている。PFMと並びもっとも日本でその名を知られるイタリアン・ロック・バンドのひとつ。現在はバンド創始者のクラウディオ・シモネッティ(kbd)を中心に、ブルーノ・プレヴィターリ(g)、チェチリア・ナッポ(b)、フェデリコ・マラゴーニ(ds)の4人編成。


【OFFICIAL WEBSITE】

https://www.goblinsimonetti.com/


【OFFICIAL Facebook】

https://www.facebook.com/GoblinSimonetti/


【OFFICIAL YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCgzcpzWblaLR4IoIQcsRNOQ