【来日メンバー】

クラウディオ・シモネッティ : keyboards, acoustic guitar, programming

ブルーノ・プレヴィターリ : guitar, greek bouzouki

チェチリア・ナッポ : bass

フェデリコ・マラゴーニ : drums 



第2部は例年どおりのベスト・ヒッツ・ショー形式で、ゴブリンとクラウディオ・シモネッティのレパートリーから日本向けに特別に選曲されたセット・リストで演奏される。25日は「ベスト・オブ・サウンドトラックス&モア!」と題して、サントラ曲やテーマ曲などに焦点をあてた選曲となっている。定番中の定番である「サスペリア(Suspiria)」や「サスペリア2(Profondo Rosso)」のテーマにはじまり、「ゾンビ(Zombi)」、「スリープレス(Non Ho Sonno)」といったゴブリン・クラシックスに加え、クラウディオ・シモネッティが手掛けた「フェノミナ(Phenomena)」や「デモンズ(Demoni)」、「オペラ座/血の喝采(Opera)」、「デス・サイト(Il Cartaio)」、「サスペリア・テルザ 最後の魔女(La Terza Madre)」、「ダリオ・アルジェントのドラキュラ(Dracula3D)」など、徹底的にサウンドトラックを味わいつくす約60分のセット・リスト。この特別な選曲はダリオ・アルジェント・ファン、ゴブリン・ファン、ホラー映画ファンにとって至福の時間となることだろう。新たに加入したドラマーのフェデリコ・マラゴーニを含む新体制で臨むダイナミックなサウンドを堪能してほしい。

【Discography】


【Biography】

<CLAUDIO SIMONETTI'S GOBLIN>

クラウディオ・シモネッティズ・ゴブリン

ゴブリンはクラウディオ・シモネッティ(kbd)を中心に1975年に結成されたイタリアン・ロック・バンド。デビュー作『Profondo Rosso』(映画『サスペリア2』のテーマ曲)でシングル、アルバムともにイタリアでNo.1を獲得し、一躍イタリアのトップ・バンドに躍り出た。また映画監督ダリオ・アルジェントによるホラー映画の名作の数々(『サスペリア』『サスペリア2』『ゾンビ』など)に起用されたことでその名を世界中に轟かせている。PFMと並びもっとも日本でその名を知られるイタリアン・ロック・バンドのひとつ。現在はバンド創始者のクラウディオ・シモネッティ(kbd)を中心に、ブルーノ・プレヴィターリ(g)、チェチリア・ナッポ(b)、フェデリコ・マラゴーニ(ds)の4人編成。


【OFFICIAL Facebook】

https://www.facebook.com/Goblin-Claudio-Simonettis-608532229212354/