ゴブリン 再上陸!!【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.7】<2017å¹´10/28(土) CLUB CITTA’>公演決定!オフィシャル・サイト リニューアルOPEN!2017/07/07||NEWS

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

昨年 大好評を博した ゴブリン生演奏上映“ライヴ&シネマ・スペクタクル”
第二弾決定!ゴブリン×「サスペリア PART 2」&ベスト・ヒッツ・ライブ!
沢山のリクエストに応え、更にグレイド・アップして、再び日本に上陸!!

【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.7】
ゴブリン -CLAUDIO SIMONETTI’S GOBLIN-
<2017å¹´10/28(土) 会場:CLUB CITTA’>
◆公演情報ページ http://best-italianrock.com/scheduleticket1028/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇公演内容詳細ページ
【第一部】映画「サスペリア PART2」全編上映&シンクロ・ライヴ
http://best-italianrock.com/vol-7-band-info/
【第二部】ゴブリン・ベスト・ヒッツ・ショー
http://best-italianrock.com/vol-7-2-band-info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆公演プレミアム・パッケージ詳細ページ
http://best-italianrock.com/premiumvol7/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プログレッシヴ・ロック、イタリアン・ロック・ファン、映画ファン 必見!!

映画「サスペリア PART2」全編上映とゴブリンの生演奏がシンクロ共演!
ゴブリンのベスト・ヒッツ・ショーとの豪華二本立てで贈る、3時間超のゴブリン・ワールド!!
この日、クラブチッタは再び恐怖の館と化す!!!

◆◇◆◇◆

★CLUB CITTA’ホームページ先行(抽選制)は、来週末7/15(土)0:00~受付開始です!! 
http://clubcitta.co.jp/ticket/

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

★【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック】オフィシャル・サイト が、
公演情報を全網羅してよりパワーアップしてリニューアル・オープン致しました!
http://best-italianrock.com/

☆昨年のゴブリン生演奏上映 第一弾公演(2016年10月29日)の模様も大公開中!!
是非ご覧下さい!!
http://best-italianrock.com/archive/

———————————————————————————–
★「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック」ワンナイト・スタンド・シリーズ とは・・・
———————————————————————————–

複数のバンドを同日にオムニバス形式で紹介するフェスティヴァル形式ではなく、
一晩につきひとつのバンドのみを取りあげ、そのバンドの代表曲、ベスト・アルバム、
ヒストリカル・アンソロジー等、多面的に徹底的に掘り下げて行くスペシャル・コンサート・プロジェクト。

———————————————————————————–

~ 全ての体験が、世界でワン&オンリーのワールド・プレミア公演 ~
 

◎最新情報は公演オフィシャル・サイトにて随時更新してまいります。
今後もぜひご期待ください!
 

【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック 公演オフィシャル・サイト】http://best-italianrock.com/

8/12,13 サマー・フェスティヴァル 2017【RRR】【セミラミス】来日直前ニュース!2017/07/06||NEWS

来日直前ニュース! Vol.1
【ラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ】



8月13日の第1部に出演するラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ(RRR)が、バンド史上初の試みとして、クラブチッタ公演限定で一夜限りの音と光と絵画によるイヴェントを行うことが決まりました。

RRRのリーダーにして、イタリア国内外において高名な画家としても知られるルチアーノ・レゴーリが、1980年から現在までに描いた絵画から選りすぐりの32作品を、大迫力の470インチ・スクリーンに投影します! 演奏曲ごとに変わる絵画とRRRの放つ古き良きイタリアン・ロックの融合は、まるでバロック時代のローマに降り立った気分にさせてくれるに違いありません。。

現代のカラヴァッジョと言っても過言ではないレゴーリの描く光と影の調和、静と動、生命感ほとばしる絵画と、力強く情熱に溢れたRRRのヘヴィ・ロック・サウンド、そしてコンサート・ホールの規模ならではのライティング・ワークの妙が混然と溶け合う巨大な仮想空間に酔いしれること間違いなしでしょう。

会場ではイタリアでRRRが製作したチッタ公演限定商品に加えて、2010年に66箱限定制作されて、当時ですでに10万円を超えていた、手描きシリアル番号入りの超レア・オリジナル特製木箱入りボックス・セットを3セットのみ持ち込み限定販売します。このボックスには、世界に2枚とないオリジナル油絵1点とオリジナル・リトグラフ、CD、LP、DVD、画集、1972年に撮影された直筆サイン入りRRR写真が収録されています(レゴーリが木製のアートボードに描いた油絵の寸法は、31cm x 31cmというLPサイズの大きなものです)。イタリアからの商品はすべて極少数限定販売となります。音楽ファンのみならず、芸術ファンの皆様からのご来場も心よりお待ちしています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来日直前ニュース! Vol.2
【セミラミス】

8月12日の第1部に出演するセミラミス公演に、なんとバンドのシンボルである“フラッツ人形”が登場することが判明しました。これは1973年当時、オリジナル・メンバーのジャンピエロ・アルテジャーニがフラッツの衣裳を身にまとってステージに立っていた姿を模したもので、今年4月のジェノヴァ公演で初めて登場して話題をさらった注目のシンボルとなります。

そのジャンピエロは、当時ミケーレ・ザリッロと共にアルバム『フラッツに捧ぐ』を作詞・作曲した張本人であり、今回の公演において彼自身の口から各曲ごとのストーリーや制作秘話が語られることになりました。アルバム全7曲を彼の解説とともに聴き、セミラミスというバンドの謎がようやく解かれる時が来るのです。MCの内容にも注目したいコンサートとなりました。

この歴史的名盤の全曲演奏に加えて、来年リリース予定の新作から、クラブチッタ限定ヴァージョンで演奏されることも決定しています。さらに会場限定商品として、2017年4月に行われたジェノヴァ公演の全容を収録したCD&DVDを世界に先駆けて販売する予定です。謎のバンドとされてきたセミラミスの完全復活をぜひその目で確かめ、その証人となって頂ければと思います。皆様のご来場も心よりお待ちしています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック】公演オフィシャルサイト http://best-italianrock.com/

特別記念CD・アウトテイク音源解説 第二弾!【デリリウム (DELIRIUM)】2017/06/30||NEWS

■“特別記念CD”情報!!

【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック】ご来場のお客様にお渡しする毎回大好評の“特別記念CD”。
今回のサマー・フェスでは
<各公演ごとに3アーティストの秘蔵音源を完全に異なる内容で収録した完全限定の特別記念ミニCD>
となりますが、その中から本日はデリリウム (DELIRIUM)の気になる音源内容を解説させていただきます!
 

スペシャル・アウトテイク音源解説 第二弾!

デリリウムの特典CD用音源2曲は、イタリアン・ロック・ファンがずっと待ち望んでいた“70年代の完全未発表音源”となっている。11分と7分半に及ぶその2曲は、1972年の歴史的名盤である『セカンド・アルバム(Lo Scemo E Il Villaggio)』制作時におけるスタジオ内でのワーキング・テープと言えるもので、通常の発掘音源よりも遥かに希少度の高いものである。ひとつひとつの音源には、断片的ながら5~6つの未完成曲が含まれていて、デリリウムのアルバムには収録されていない、全く未知の曲やカヴァー、完成前の試行錯誤、メンバー間の熱いやりとり、そして壮絶なインプロヴィゼーションに至るまで、まるで70年代当時のスタジオの中を覗いているかのような錯覚をおぼえる壮絶なパフォーマンスが目前でくり広げられている。そこには単純なロックではなく、ジャズ、フォーク、カントリーに至るまで、あらゆるジャンルの音楽を内包しようと試みる意気込みが感じられる熱い演奏が充満しており、全イタリアン・ロック・ファンは必聴と言えるだろう。

 
◆◇◆◇◆◇
 

特別記念CD・アウトテイク音源解説 第一弾
【ラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ(RRR)】についてはコチラ
 
来週はいよいよ セミラミス スペシャル音源内容を公開予定です!どうぞお楽しみに!
 
★特別記念CD情報ページはこちら http://best-italianrock.com/special/
★公演オフィシャルサイト トップページ http://best-italianrock.com/

特別記念CD・アウトテイク音源解説 第一弾!【ラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ(RRR)】2017/06/23||NEWS

■“特別記念CD”情報!!

【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック】ご来場のお客様にお渡しする毎回大好評の“特別記念CD”。
今回のサマー・フェスでは
<各公演ごとに3アーティストの秘蔵音源を完全に異なる内容で収録した完全限定の特別記念ミニCD>
となりますが、その中から本日はラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ(RRR)の気になる音源内容を解説させていただきます!
 

スペシャル・アウトテイク音源解説 第一弾!

ラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ(RRR)は70年代の作品『水晶の世界』から、アルバムのハイライトを飾る10分の大作「あやつり人形の舞台(Un Palco Di Marionette)」と、2010年の復活作『空飛ぶ画家』から「望まなかった変身(Il Cambiamento)」の2曲を現メンバーで演奏した超再現ヴァージョンを収録。なんと今回の特典CDのためにローマにあるバンド専用のスタジオにおいて“スタジオ・ライヴ”形式でレコーディングされたもので、オリジナル・ヴァージョンを遥かに超えるアグレッシヴでスリリングな演奏が高音質で録音されている。リーダーでヴォーカリストのルチアーノ・レゴーリの年齢を感じさせない伸びやかな声質は、往年のイタリアン・プログレッシヴ・ロックの香りが際立ち、ナンニ・チヴィテンガのギターは文字どおり神がかった雄麗なプレイで魅了する。70年代にたった1枚のアルバムだけを残したにもかかわらず、現在でもRRR人気が衰えない理由が垣間見られる貴重な音源だ。

 
◆◇◆◇◆◇
 

今後もアーティストごとにスペシャル音源内容を随時公開してまいります!どうぞお楽しみに!
★特別記念CD情報ページはこちら http://best-italianrock.com/special/
★公演オフィシャルサイト トップページ http://best-italianrock.com/

【EURO-ROCK PRESS VOL.73】/「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.5,6」の特集が掲載になりました。2017/06/01||NEWS

5/31(水)発売の【EURO-ROCK PRESS VOL.73】(ユーロ・ロック・プレス)誌にて、
「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.5,6」の特集ページが掲載になりました!

当公演にて記念すべき初来日を果たす3バンドすべてに、インタビューを敢行した全7ページにも及ぶ大特集となっています!
結成当時のことから今回の来日公演のことまで、多岐に渡った読み応え抜群の必読書となっております。
全国の大型書店にて発売中!

ぜひご覧ください!

【EURO-ROCK PRESS VOL.73】 定価(本体1,905円+税)ISBN 978-4-434-23443-9
その他の記事
・CERVELLO
・Corrado Rustici

・YES FEATURING ARW
・STICK MEN
・SECURITY PROJECT

・金子マリ&バックス・バニー
・SLAPP HAPPY
・GRAHAM BONNET BAND & ALCATRAZZ

・MOON SAFARI
・BAROCK PROJECT

・Steve Hackett
・STEELEYE SPAN
・CRESSIDA
・WATCHTOWER

・PENDRAGON

・R.I.P. Allan Holdsworth

・「EURO-ROCK PRESS」 最新号の内容とバック・ナンバーはこちらからチェック!
⇒http://www.marquee.co.jp/erp/index_erp.html

Recent Entries
2017/10/21
来週末に開催迫る!!【10/28「ゴブリン」】 公演記念グッズ情報
2017/10/14
ゴブリン再上陸まであと2週間!【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.7】特別記念CD 詳細公開!
2017/09/10
【EURO-ROCK PRESS VOL.74】/「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.7 GOBLIN(Claudio Simonetti’s)」の記事 が掲載になりました。
2017/08/17
カケハシ・レコード Webサイトにて「ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック VOL.5,6」公演のライヴレポート(8/12・13)が掲載になりました!
2017/08/16
8/12(土),13(日)【ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol. 5,6】 無事終了致しました!


Archive